2008年04月13日

ポケットに入るポータブルDJツール PacemakerのDBを直接編集する

Pacemaker Editor、Pacemaker Dviceともに、曲を管理するためのデータベースが入っています。

正式に問い合わせたわけではないですが、現行のVerではSQL Liteを使用しているようです。

いったん、Pacemaker Editorに曲をインポートすると、曲名やアーティスト名、その他BPMまでテキストを編集することができなくなってしまいます。
(ジャンルなどをちょっと修正したいときなどは不便)


むむむと思い、(失敗覚悟で)SQLLite Database Browserを使っていじってみたらうまくいったのでご報告。
※本作業を行うことで障害が発生するかもしれませんので、操作は自己責任でお願いします。

1.
SQLLite Database Browserをダウンロードする。
 URL:http://sourceforge.net/projects/sqlitebrowser/
 ※この先のURL階層が少し深いです。
  ご自分の環境に合うソフトウェアをご利用ください。
  (私の場合はsqlitebrowser-1.3-winを使いました)

2.
編集するDBを開く。
C:\Documents and Settings\”自分のユーザ名”\Application Data\Tonium\Pacemaker 内のDBファイルをSQLLite Database Browserでオープンする。

3.
各項目を編集して上書き保存する


続きを読む
posted by CDJ SATORU at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ├ PMEのDBをいじる
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。