2008年03月28日

Pacemaker Device エフェクト(FX)の操作



そろそろマニアック(?)なレベルの話になってきたかな?
次はエフェクト(FX)機能です。

1.リバーブ(Reverb):中央→上
 再生中に、左手親指のP-switch(No.19)を上に上げながら、
 タッチパッドを中央→上にスライド、そのまま時計回り
 (または反時計回り)にスライドします。

 残響音(お風呂で響くような音)を強調させます。

2.ロール(Roll):中央→右
 再生中に、左手親指のP-switch(No.19)を上に上げながら、
 タッチパッドを中央→右にスライド、そのまま時計回り
 (または反時計回り)にスライドします。

 ドラムロール(ブラスバンドやテレビの結果発表でやるアレ)
 のような効果を出します。

3.エコー(Echo):中央→下
 再生中に、左手親指のP-switch(No.19)を上に上げながら、
 タッチパッドを中央→下にスライド、そのまま時計回り
 (または反時計回り)にスライドします。

 反射音(同じ音を何回も重ねてくりかえす)の効果を出します。続きを読む
posted by CDJ SATORU at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) |  ├ エフェクト(FX)
アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。